MENU

コラーゲンってよく聞くけど、皆どうやって摂取しているの?

コラーゲンは美容に良い。そんな言葉をよく聞く機会がありますが、実際にその通りです。

 

この成分は美肌や美髪といった美容に関する効果だけでなく、関節痛や骨粗鬆症の緩和、さらに肩こりなど健康面の問題を解消してくれる効果もあるのです。そんなコラーゲンの摂取方法は様々ありますが、一般的に広まっている方法は大まかに分けて3つあります。

 

まず1つ目の方法は食材から取り込む方法です。
コラーゲンが含まれた食材は多くあり、鶏皮や鶏の軟骨、うなぎの蒲焼きにフカヒレなどが挙げられます。

 

また食材というにはいささか異なるかもしれませんが、ゼラチンを料理に混ぜることでコラーゲンを含ませる事が可能です。ゼラチンを混ぜる調理方法は鍋に用いられることが多くあります。この方法のメリットは継続しやすい事ですが、反対に少しずつしか口にできない事とコラーゲンの吸収が他の方法と比べると良くない事がデメリットとしていえます。

 

口にするべき食材のほとんどが高いカロリーとなっているものばかりで、毎日食べる事は健康的におすすめできません。
しかも多く取り込むことになった場合、通常の倍の量を口にしなければならなくなります。

 

また食材は成分の吸収を促すように施されているわけではないのでデメリットは当然だといえます。

 

次に2つ目の方法はサプリメントから取り込む方法です。
この方法は安全かつ効率が良い方法なのでおすすめできます。サプリメントはドリンクや錠剤など様々な形状のものがありますが、どのサプリメントでも毎日の摂取が持続できる事やそれが簡単である事、そして高い吸収率です。
なかでも サプリメントのタイプで一番優れているものは粉状のサプリメントだとされており、最もカロリーの心配がされないタイプでもあります。

 

そして最後となる3つ目の方法が注射です。
この方法では効果が現れてほしい体の部位に直接届けられるメリットの他に、抜群の即効性がある事と取り込んでからの持続性が長い事がメリットとして数えられます。この方法はシワやたるみ等美容面の効果を得たい方が選ぶ方法として知られていますが、その反面、相応のリスクは覚悟しなければなりません。注入した成分が残ってしまい、しびれや痛みを感じ続けるケースもあれば皮膚の壊死といった異常を引き起こしてしまうケースが報告されているからです。それに費用面の負担は軽いものとはいえません。

 

以上が一般的に知られている摂取方法ですが、安全な方法はやはり食材かサプリメントからの摂取となります。

 

 

 

 

 

 

"

このページの先頭へ