MENU

いまさら聞けない…!グルコサミンとコラーゲンっていったい何?

グルコサミンとコラーゲンが両方含まれているサプリをよく見かけます。名前はよく聞くけど、どのような違いがあるのか違いを知ってる人は余りいないです。

 

簡単に説明するとグルコサミンは軟骨を復活させる働きがあり、擦り減らされた関節や軟骨を修復させる役割をしています。コラーゲンは水分を多く含むので、座布団やグリースの役割を果たしています。

 

2つの役割は、関節と軟膏を守り関節痛などの痛みを和らげる効果があります。しかしそれぞれ役割が違うので効果にも違いがあります。

 

グルコサミンは、コンドロイチンやヒアルロン酸に含まれるプロテオグリカンを作り出し、負傷した軟骨を作り直す働きがあります。

 

コラーゲンは、軟骨のすり減りを抑える働きがあります。
軟骨の部分に弾力を与えるプロテオグリカンを作り出し関節痛や腫れを鎮める効果があり、関節や軟骨を復活させる力があります。

 

コンドロイチンやヒアルロン酸と一緒に軟骨の水分を維持しています。その他に、細胞と細胞をくっつける作用があるので、軟骨の細胞に必要な栄養を与え続け、軟骨の強度を上げ衝撃や打撃から関節をサポートする働きがあります。

 

ヒアルロン酸やコンドロイチンを作り出しているのがプロテオグリカンです。プロテオグリカンは、体内でグルコサミンがコンドロイチンを作り出し、更にコンドロイチンがコラーゲンを作った軟骨を蘇らせてくれます。作り出されたコンドロイチンと一緒に軟骨を蘇らせる働きがあります。更にコラーゲンをプラスされると、両方の働きが活性化され丈夫な軟骨にしてくれます。

 

2つの共通点は、もろくなった軟骨を元気に蘇らせ、弱った関節を滑らかに動かせる作用があり軟骨を丈夫にするのに欠かせな要素です。お互いの働きは違いますが、2つの相互効果で軟骨を丈夫にして、動きを滑らかにしてくれます。

 

軟骨や関節の改善はサプリメントだけでなく食品でも摂取することができます。多く含まれているのがカニやエビなどの甲殻類です。
特に殻の部分にはグルコサミンの原料のキチンが豊富に含まれています。
うなぎ、フカヒレ、牛、豚、鶏の軟骨やネバネバ食材のオクラ、山芋に含まれます。

 

コンドロイチンが多く含まれる食品にはドジョウ、ナマコ、豚足、納豆、なめこ、里芋などがあります。

 

しかし、どれも少量なので食事だけでは無理があります。しかし少量でも食べないよりマシなので食事から摂取するのも有効です。足りたい分はサプリメントで補うことができます。サプリメントなら一日の摂取できる必要量が入っているので簡単に摂取できます。しかしサプリメントはあくまでも補助食品なので、きちんと食事をしてサプリメントで補うことが大切です。

 

 

 

 

 

"

このページの先頭へ